アスベスト除去回収機

●●●●●
HEPAフィルター付き負圧集塵機で除去できる物質の例

有害物質(アスベスト、鉛、ポリ塩化ビフェニール(PCB)、ダイオキシン等)を含む粉塵
空気中の病原菌
PM2.5
水害などにより発生するカビの胞子
修復作業時に発生する粉塵

●●●●●
オプションのカーボンフィルターで除去できる物質の例

有害物質、規制対象汚染物質やVOC(揮発性有機化合物)の例 アセトン、アクリロニトリル、アミルアルコール、ベンゼン、
ブタジエン、二硫化炭素、塩素、クロロホルム、クロロピクリン、ジブロモメタン、ジクロロエタン、ジクロロエチレン、
ジクロロプロパン、酸化エチレン、酢酸エチル、臭化エチル、エチレン、ヘキサン、イソプロバノール、メルカプタン、酢酸メチル、
臭化メチル、トリクロロエタン、メチルエチルケトン、メチルイソブチルケトン、ジクロロメタン、シアン化水素、ニコチン、
フェノール、ホスゲン、ピリジン、硫酸、テトラクロロエチレン、スチレンモノマー、トルエン、トリクロロエチレン、塩化ビニル、キシレン

たばこやトイレ、医薬品や焦げた臭い等、様々な臭い
ウィルスや細菌
カビの胞子

●●●●●
感染症への対策

簡易陰圧装置として利用可能なため、低コストで陰圧室を作り出し感染症対策として使用できます。
大風量で空気中のウイルスや細菌などを短時間で大幅に減少させることが可能です。

●●●●●
使用例

解体工事、 道路工事、 その他の工事現場、 医療現場、 火災や災害の復旧
クリーンルーム、 食品工場、 製薬工場、 その他の工場




Abatement Technologies は、負圧アスベスト除塵・回収機とそれに使用する薬剤において20年以上の実績を誇る会社です。
業界のリーダーとして高品質高性能製品を提供しております。
Abatement Technologies は1980年代に負圧アスベスト除塵・回収機の製造を開始し、常に業界をリードしてきました。
Abatement Technologies のブランド名 HEPA-AIRE® は社名と共に負圧アスベスト回収濾過法の同義語となりました。
その濾過に採用される HEPAフィルター は世界標準規格として、広く業界のプロ達に認識されています。


全12件